Shaving Times

総合的な効果が期待できるシェービングクリーム

カミソリ刃で髭を剃るときに必要なのがシェービングフォームです。
市販のものには、クリームタイプ、泡タイプやジェルタイプなどの様々な種類があります。
それぞれに効能が異なるため自分にあったものを選ぶ必要があります。
泡タイプは、髭自体に働きかけて毛質を柔らかくします。
髭が柔らかくなった状態でカミソリ刃が当たるため、切りやすく負担をかけずに剃ることができます。
ただし、フォーム自体が石鹸と同じくアルカリ性の場合が多く、長い時間接触すると肌荒れを起こす原因になります。
ジェルタイプは皮膚をコートし、カミソリ刃の滑りを良くします。
どちらの利点も兼ね備えたのがクリームタイプです。
泡が髭を柔らかくし、クリームが皮膚に馴染み滑りを良くすることで刃の動きをなめらかにします。
また、保湿のはたらきもあるためシェービングの後の肌を乾燥から守ります。
泡タイプやジェルタイプと比べると若干高めですが、それなりの効果が期待できます。

シェービングをする際にはクリームを

シェービングは手軽なムダ毛処理法です。
気付いた時にさっと処理を行うことができますので、利用している人も多いようです。
シェービングをする前とした後とでは、見た目には変わりはありません。
しかし、実際には細かな傷がたくさんついていて、摩擦や紫外線などの外的刺激に対抗する力が弱まっています。
処理後に健やかな肌を維持したいと思うなら、やはりクリームを利用して肌への負担を減らさなければなりません。
シェービングクリームを使うと、剃る時に摩擦を減らすことができます。
角質も必要以上に削り取ることがなくなりますので、回復は早くなります。
ほんの少しの手間ではありますが、使用した場合と使用しない場合の後々の肌の経過には大きな差がありますので、面倒くさがらずに使用することが大切です。
クリームはお湯でさっと流せるものが多いので、お風呂場でのシェービングが都合が良いようです。
お風呂からあがったら、保湿ケアをしっかりと行います。

Valuable information

最終更新日:2017/4/11

COPY RIGHT (C) 2015 Shaving Times. ALL RIGHT RESERVED