Shaving Times

シェービングから肌を守りたいなら泡タイプです

シェービングで肌をやさしく守りたいならクリーミーな泡タイプを使用します。
髭を剃る際にシェービング剤を使用しますが、シェービング剤には役割があるのです。
乾いた髭は銅線と同じくらい硬く、何もつけずに剃ると肌に負担をかけます。
また強く剃ることで肌に必要な部分にまで傷つけることにもなります。
シェービング剤を使用すると、髭を根元から柔らかくでき、刃のすべりを滑らかにすることが可能なので刃から肌を守ることができるのです。
種類もいくつかあり、剃り残しが気になる場合にはジェルタイプ、肌をやさしく守りたいなら泡のフォームタイプ、しっかりと深く剃りたい場合はジェルフォームタイプがあります。
髭の剃り方は、泡のフォームなど適量を手にとり、肌の面積に広い頬などの部分からつけます。
剃り始めはもみあげや頬など剃りやすいところから始めます。
硬い髭が生えている顎や口のまわりは、フォームなどをつけて髭が十分に柔らかくなってから剃ると良いので、最後に剃ります。

モコモコ泡でシェービングを

むだ毛処理の方法はいろいろとありますが、その中でも一番お手軽で自宅で出来てしまうのがシェービングです。
ですから、お風呂にはいったついでに自宅でシェービングを行っているという人は多いのではないでしょうか。
しかし、手軽に出来るから適当に行ってしまい、肌を傷めてしまうことも少なくありません。
そこで必ず覚えておきたいのが「剃る時は必ずモコモコの泡をたっぷりつけて!」ということです。
つい、石鹸やボディーソープをそれほど泡立てずにつけて剃ってしまっている・・・という人もいるでしょうが、それではお肌を傷つけてしまいます。
市販のフォームを使用しても良いですし、ネットでしっかりと泡立てるだけでも効果は違います。
また、剃った後にはローションなどをつけてお肌のケアをしてあげることも大切です。
せっかくむだ毛がなくなっても、お肌が荒れてしまっては台無しです。
シェービングを行う際は、これらのことも覚えておいてキレイなお肌を保ちましょう。

recommend

Last update:2017/4/11

COPY RIGHT (C) 2015 Shaving Times. ALL RIGHT RESERVED